企業CMにおいての映像制作

企業CMにおいての映像制作でもっとも重要なのはインパクトです。


企業CMというのは毎日何百という数のものが自然にテレビの中で流れつづけていくもので、その中で覚えているものといったら興味のある商品か、気になる芸能人が出ているものか、インパクトのあるものです。

livedoorニュースの初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

それ以外は何となく印象にあっても肝心な何の商品だったか、企業だったか覚えていないことが大半です。


では有名な芸能人を使っていればいいのか?という疑問もあるのですが、気になる芸能人というのは10人いたら10人違う芸能人であることのほうが多くなかなか狙って選び出すのは難しいですし、気になる商品にしてもその人にとって必要でも違う人には必要でなかったりタイミングが左右するので難しいです。

その中で一番狙ってできることがインパクトのある企業CMです。

これはなんの商品を使うにしてもどの芸能人を使うにしてもいえることで、人の心に残ることが何よりも重要です。

誰々があんなところで飲んでたなになにだ。
とCMを思い出してくれれば買う予定がなくてもその商品を手に取ってみたり少なからず興味をひかせることにつながるのです。



人間興味があるものは話の話題にしたり、人に進めてみたくなるもので、宣伝効果の可能性が格段に広まっていくのです。

その辺をふまえて人に伝わる映像制作をしていかなければなりません。



たくさんのCMがあるなか心に残るものをつくれるように映像制作側は努力と試行錯誤をしていかなくてはならないのです。