無線とじによるデザインでパンフレットを制作

印刷物の綴じ方には、無線とじ、中綴じ、平綴じなどの種類が有りますが、一般的に無線綴じと言うのは平綴じの事を意味しています。

中綴じと言うのは、綴じた後に針金を使って製本を行うもので、平綴じと言うのは、製本した後に、背となる部分に糊を付けてページを固定していく綴じ方です。



コスト的には糊を付ける方が安くなりますので、経費を抑えたい場合には向いている綴じかたになります。



因みに、この綴じ方は、漫画の本や文庫本などで使われているもので、ページを大きく開いて見る事が出来ませんので、写真などを掲載しているパンフレットですと、余白を広めに取っておく必要が有ります。

マイナビニュースの最新情報を紹介します。

あまりページの中央まで写真を掲載してしまうと、一部分が欠落する事も有りますので注意が必要です。

しかしながら、パンフレットに経費をかけられない場合などでは有効な手法と言えます。


今回パンフレットのデザイン変更に伴い、リニューアルする事になり、製本の種類を検討した結果、この方法がコストを抑えられる事を知り、デザインを変更する場合に必要な情報を集めたのです。
また、無線綴じでは、針金を使用しませんので、廃棄する場合分別の必要が無いと言うメリットも有りますし、ページが厚めになりますので、無線綴じの方が向いていると聞きます。

尚、デザイン変更に伴い、パンフレットn喉となる部分の余白を少し大きめに取りましたので、パンフレットを開いた時に、喉部分までがきちんと見える状態に仕上げてあります。